カテゴリ一覧

一覧へ

みんなで解決!Q&anp;Aの中からピックアップしたQ&A

RSS一覧へ

食中毒のこと、普段からの除菌について
総菜やのおかずでの集団食中毒O-157のニュースが長く続いていますが、菌に対しての普段からの気を付けることで、除菌の徹底とありますが、本当にそうなのでしょうか?もちろん、ある程度の衛生状態は必要だと思いますが、目に見えない菌は、日常の生活の中で多数いて、人間の体にも菌はあるし、それらすべて気を付けてもどうにもならないと思うのです。私自身は、子供たちがある程度の年齢(小学生)になったころから手洗いを厳しく言わないようになりました。外遊びをしていたその手で、外で食べたり、バーベキューをしたり。普段も、よほど汚れていたり、トイレのあとは洗うようには言いますが、食事前に絶対に除菌しろとはいいません。あと、すぐ食べるならおにぎりは私の素手で握ってあげます。普段から、菌とある程度共存できるためです。もしかしたら、災害での避難生活をすることもあるかもしれない。外食で、お祭りで、清潔とは言い切れないものを食べるかもしれない。その時に、食べるもので菌に負けて、体力を奪われないように、耐性を付けようと思っているのです。今は、賞味期限や除菌やそういったことを過剰にニュースにして、除菌産業を煽り立てすぎている気がします。菌は良質な菌もいて、悪玉、善玉と共存しつつ、身体のバリアを育てていくと思っているのですが・・・。みなさんは、除菌に対してどの程度で暮らしていますか?
このページのトップへ